読んだ本、読んだ漫画、観た映画などの、ごく個人的な感想を綴るブログです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. Edit
  2. Permalink
青森地図

この日は4日目。
③の三沢から、④の大間までの移動です。
宿泊していた三沢から下北駅まで二本の電車で、下北駅から大間崎までは1時間40分ぐらい、バスでの移動です。

大間崎はマグロで有名な本州最北端の地。
移動距離が長いですが、せっかく青森まで来たのだからと行ってしまいました。

▼これは青い森鉄道。
IMG_0518.jpg

この時は震災の復興支援ということで、
2000円で2日間乗り放題のきっぷを販売していました。
青森は移動距離が長いので料金も高く、片道2000円ぐらいかかって当たり前。
このきっぷは、かなりお得です!

▼下北駅から大間崎までのバス移動中車窓からの景色。
IMG_0521.jpg

IMG_0522.jpg

下北半島のまさかりの上の沿岸をずーっと走って行くので、右手側に海が見えてとっても綺麗!
お天気も最高に良い日で、とてもいい気分でバスに乗ることが出来ました。

▼着きました!本州最北端の地、大間崎!
IMG_0561.jpg

IMG_0562.jpg

▼堤防の上から海を見渡すと、こんな感じ。
IMG_0525.jpg

かもめがたっくさん、至るところを飛んでいます。
で、すぐ近くの石碑の上とかに止まって休んだりするからすごく近くで見られたりするんだけど、
かもめってすっごく綺麗でかわいい鳥なんですね。
シャッターチャンスは逃してしまいました。

▼石川啄木歌碑。
IMG_0530.jpg

▼近くにはこういったお店が並んでいます。
IMG_0563.jpg

漁師さんがやっているお店です。

▼おっきなマグロの頭を焼いていました!
IMG_0532.jpg

これ、実は
もう火が通って茶色くなったやつをこちらのおじさまが焼いてらしたところに
「写真撮ってもいいですか?」と声をかけましたら、
「これ分かりづらいでしょう!新しいの出すね!」と仰って後ろの箱からおもむろに新しい銀色のマグロを出して下さったのです。
私が写真を構えたらおじさまが、フレームに入らないところに行こうとしたので「一緒に入って下さい」と言ったら「カメラが壊れるよ」って東北訛りで・・・笑
かわいかったです(o´∀`o)お願いして一緒に入って頂きました。

▼大間崎には4、5店舗ほど、小さなお店でウニを販売していました!
IMG_0534.jpg

夜中の獲れたて。一つ500円です。美味しかった!

▼そしてマグロ丼!!
IMG_0537.jpg

美味しかった・・・!
でも、大間崎の方いわく、本当に美味しいマグロは東京へ行ってしまうとのこと。
まぁ、そりゃそうでしょうねぇ。そんで高級すし屋とかで高いお金払って食べられているのでしょう・・・
このマグロ丼とっても美味しかったです。2500円ぐらいかな?
これと同じレベルのものを東京で食べようと思ったら、もっともっとお高いはずです。

▼猫が居たので近付いたらめちゃくちゃ人慣れしていて、とっても大人しかったです。いっぱい触らせてくれた!
IMG_0545.jpg

▼地面に大間崎の文字があります。
IMG_0547.jpg

▼カモメが飛んでいます。東京の空とは全然違いますね。
IMG_0548.jpg

▼堤防を降りてみました。
IMG_0550.jpg

IMG_0555.jpg

▼男の子がカニを見せてくれた!
IMG_0557.jpg

小さなヤドカリや貝がすっごくたくさん居ました!
地元の方が貝を獲っていました。

▼向こうに見えるのは弁天島。
IMG_0554.jpg

野鳥の宝庫と言われている無人島で、漁業の神として弁天様が祀られているため、弁天島と言うんだとか。

大間崎の写真はこれでおしまいです。
他にも、展望台で津軽三味線を弾くおばさまが居たので声をかけたら、
とっても丁寧に津軽三味線のことを教えて下さいました。
いつも同じ場所で津軽三味線を弾いてるから、テレビに映ったこともあるんだそうです!

津軽三味線を持たせてくれて、弾かせて下さったんだけど、
すごく重くてびっくり・・・。
津軽三味線は、安くても30万するんだとか。犬の皮で出来ている三味線でした。

神奈川から嫁入りで来たけど、最初は何にも無くてびっくりしたと仰ってました。
冬は雪が積もるスキもないぐらいの強風なんだそうです。
だから、寒くても雪は積もらないのだとか。

大間崎と恐山で記事を分けようと思いますので、一旦ここまで。

関連記事
スポンサーサイト
  1. Edit
  2. Permalink
  3. トラックバック:0
  4. コメント:0
この記事へのコメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
http://happyendsyndrome.blog59.fc2.com/tb.php/25-b7173faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
return to top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。